東京でデザイン住宅に住む東京でデザイン住宅に住むについて

東京でのデザイン住宅

東京のデザイン住宅というとどんなイメージを持ちますか。

私は有名な建築家がこだわりをもった施主と丁寧に作り上げていく住まいといった感じを持っています。

もちろん、外観や内装までとことん考えてありますから、暮らしやすく見た目もおしゃれでと挙げればきりが無いくらい素敵な家というイメージです。

費用も気にせずに造られているなら相当、立派なものとなりますから、お値段も億かなと勝手に想像します。

それは東京のような都会だからあるんだとも思いますし、デザイン住宅専門の業者や建築家も多くいるのだろうと思います。

素人にはわからないような建築のノウハウを一から相談して造っていける自分の家なんて憧れの家の建て方だと思いませんか。

最近は老人ホームなどもかなり高額な費用がかかるといいますが、その費用の半分ほどで子ども達との二世帯住宅を建てる家族が増えているそうです。

お互いのプライバシーを尊重しつつ造れて、なおかつ親の老後の面倒も見れるのはとてもいい事だと思います。

一口にデザイン住宅といってもいろいろあります。

見た目がいいといった事よりも内容がいいと思った方がいいと思います。

建築を頼む人が全てにおいて資金力があるわけでもないし、広い土地の建てる事ができるものでもありません。

むしろ東京のような所は狭い土地しか確保できないといった事もあるでしょう。

そういった所にこだわりの建物を建てるのはある意味挑戦といった意味合いで面白いかもしれません。

東京のあるデザイン住宅専門の業者が請け負っている狭小住宅といわれる敷地面積30坪以下のコンパクトな家の例としては、横に長かったり、3階建だったり、あるいは三角の土地を利用していたりと実に面白い家が多くあります。

こういった家造りは特に光の取り入れ方に苦労するそうです。

工夫の例は以下のようなものがあります。

東京でデザイン住宅を検討する人の為のサイト

狭い空間を広く見せるように、実際、効率よく住めるようにするためのアイデアがたくさんある事も特徴です。

私が以前テレビでみた住宅は間仕切りが全くないといったものでしたが、家族の行動がよく見えて18坪しかないはずの敷地がとても広く感じました。